2019年10月12日土曜日

命を守る行動を!

経験したことのない風と雨でした。川はいつあふれ出してもおかしくない状況です。まだまだ気を抜けない状況です。
被害を受けた方々には心からお見舞い申し上げます。
WEBでの情報で「命を守る行動を!」「すでに被害が出ている可能性があります」「自分で判断して避難を!」などなど恐ろしいアナウンスが氾濫しております。

「命を守る行動を!」なんて、なかなか普段は聞く言葉では無いですが、医療従事者の我々は違う意味で患者さんに同じような意味でお話しをします。たとえば、禁煙指導や食事指導、内服指導に「命を守る行動を!」と、今後使えると思います。
緊急の治療に関しても「(患者さんの)命が助かる行動を取るように!」とみんなで頑張りたいと思います。

2019年10月11日金曜日

東京ライブ

 東京ライブが開催されました。
朝一番で、当科の河村先生のレクチャー。
「色々な穿刺のオプションを増やそう」です。
なかなか良いレクチャーでした。
質問はやはりdRAの話しが多いのですが、常にBRAやFRA、cTRAもしっかりと確認していくことが大切です。
お疲れさまでした。
 私はコメディカルセッションの医師コメンテーターのお仕事を頂きました。
コメディカルのみなさま、熱心でいいですね!
「術者はいつも病変にしか集中できなくなるので、助手とコメディカルは周りから患者自身をしっかりみてあげて、治療をサポートしてほしいです」というのが私のいつものメッセージです。
あとは、一つ一つの作業の意味を考え分析すると、明日からまた良い治療を提供できるようになると思います。オマジナイと自画自賛の作業は止めたほうが良いと思います。
これは医師も同じですので、私も含めていつも手技や作業を見直す必要がある思います。
こちらは医師向けの大きな会場でのライブセッションです。

我々の仲間の中澤学先生の御手技もありました。
コメンテーターの意見に左右されて、少し余計な手技や時間経過もあったように思いますが、結果はなかなか良い感じでした!
良い治療を提供できたのではないかと思います。
お疲れさまでした。

東京ライブは予定通り終了。
皆様お疲れさまでした。

台風の為に、12日のCVIT地方会は中止です。大会長の御英断は素晴らしいと思います。

2019年10月8日火曜日

RotaとDiamondとDCAと

今日一日で、RotablatorとDiamoncBackとDCAと、一通りのデバルクを一人でやった当科の河村先生です。
また、それぞれの役目が顕著で今日はとても効果的なデバイスの使用をしたのでは無いかと思います。
綺麗にクラックをいれて、Burrの大きさだけ削れるRotablator。
思ったよりも大きなゲインが取れるDiamond。
ステントレスで終わる事ができた分岐部DCA。
それぞれ良い感じでした。
良いインターベンションができたのではないかと、今日はみんなが満足です。
お疲れさまでした!

2019年10月7日月曜日

Coronary Intervention: Super or Upto date technique 2019

Coronary Intervention: Super or Upto date technique 2019に「低侵襲カテーテル治療」を書かせて頂きました。
お時間ございましたら読んでみてください!

2019年10月6日日曜日

TICC & 東海大学循環器内科同門会

韓国から帰国後真っ直ぐ新宿へ。
TICCという研究会に参加後、東海大学循環器内科同門会に参加いたしました。
数年前より参加者が増え、多くの仲間たちと会うことができました。
みんな元気そうで何よりです。
会が終了後、いつもの居酒屋へ!ちょいと値段が凄い事になっていましたが...伊苅先生、ごちそうさまでした!ありがとうございました!
さらに、そこから2件ほど...。夜中までグルグルになるまで飲んでいました。
みなさま、お疲れさまでした!

2019年10月5日土曜日

The 6th CCI Guro Live 2019 for young ambitious Doctor

The 6th CCI Guro Live 2019 for young ambitious DoctorがKorea University Guro Hospitalで開催されました。
今回は、生ライブではなくビデオライブです。日本のビデオライブ形式ではなく、どちらかというとcase presentationの形式でした。Rha先生のCTOの手技がメインです。
私も座長をさせていただきました。
若い人たち向けのコメントを探して選んで話したつもりです。
私のプレゼンテーションは、やはり若い先生方がたへのメッセージで、CTOアンテの手技です。microchannel trackingを丁寧にやると高率なサクセスレートですよとお話をしました。
フロアでは、distal radialの適応含めてたくさんご質問をいただきました。
Rha先生とは、最初に韓国に行った頃からのお付き合いです。我々も若い人たちだったはずなのに、いつの間にか若い人に教えるおじさんになってしまいました。(笑)
Rha先生、今回もありがとうございました。
短い時間の韓国滞在でした。帰ります!

2019年10月2日水曜日

MacBook Proの修理

 「バッテリー交換」とアラートがでました。
普通に充電できているのに…。
土曜日に東京駅前の丸の内アップルショップに持っていきました。
「3日から一週間ほどかかります。」と言われたので、そのまま修理に出すわけに行かず持ち帰り。
バックアップをとって、古いコンピュータでプレゼンが動くかどうか確認してからにしました。
残念ながら古い機種では新しいkeynoteのプレゼンが立ち上がらないので、古い機種のOSやkeynoteをバージョンアップしました。そして、keynoteが動くことを確認。

日曜日午後に新宿のアップルショップへ。
「修理は一週間かかります。」
「あれ?東京駅前では3日から一週間と言われたのですが」
「カメラ量販店のアップルショップでしょう?そういう所は適当なので。」
「いえ、新しくできた丸の内のアップルショップです。」
「...あぁ、そうですか。まぁ、3日でできるかどうかは解りませんが、一週間みてください。ご不満なら修理は受け付けられません。」
対応の悪さにちょいとイラッ!
「バッテリ、何がダメなのですか?修理しないといけませんか?爆発するのですか?」
「修理してみないと解りません。もちろん、修理にだすとデータの保証はしかねません」
ますますイラッとする私ですが、背に腹は代えられない。
「修理に出します」

ということで、MacBook Proは入院。
昨日の研究会では、古いコンピュータでプレゼンしました。

さて、今日になってAppleからメール。
修理が終わったので新宿アップルショップまで引き取りに来てくれとのことでした。
結局、3日でOKでした。

バッテリー交換するためには、バッテリーとくっつているキーボードまで交換する必要があるということです。お値段はチョイと高くつきました。
でも、使ってみるとキーボードが新品!それだけではなく、タッチがものすごく良くなっている!
高かったけど少し得した気分もあります。
まぁ、なにより大事にならずにコンピュータが復活したのが良かったです。