2017年12月10日日曜日

Kamakura Live Demonstration 2017

Kamakura Live Demonstration 2017が開催されました。
齋藤滋先生のsnuffbox punctureから始まり、場内はものすごく盛り上がりました!
齋藤先生は全例distal radial arteryよりの治療です。7Frも入ります!
凄いです!
 こちらは新企画。若手医師とコメディカルの為の座学と日本語ライブ解説。
お客様がすくないとどうしようかと思っていましたが、ほぼ満席!
嬉しい限りです!
 キムニー先生の特別講演です。もちろん、内容はLdTRI !! 勉強になります!
ありがとうございます。

他の多くの外国からの先生方ともご挨拶をできてとても嬉しかったです!
 私も英語での座長、ランチョンの講師、コメディカル座学の座長、コメディカル用のTRIの進歩という講演と、沢山のお仕事をいただきました。
ありがとうございました。
コメコメ倶楽部は最高の集客と盛り上がりでした。なかでも、高橋先生のランチョン、心電図講座は素晴らしかったです!

たった一人のスーパー術者がものすごい勢いで治療をこなしていくスタイルのライブは、日本では(世界でも?)もうこの鎌倉ライブだけなのだと思います。
今年もその鎌倉ライブに参加できましてとても嬉しく思います。
我々もまだまだ頑張らないといけないし、まだまだできる事が沢山あるのかもしれないと再認識いたします。また、鎌倉ライブが終わると、もう年末...。そんな実感も押し寄せてきます。

齋藤先生、湘南鎌倉総合病院の皆様方、NPOの皆様方、ご参加された皆様方、お疲れさまでした!ありがとうございました!いつもこの鎌倉ライブでは、夢のような時間を過ごさせて頂いています。感謝しております!

2017年12月4日月曜日

抗凝固薬と抗血小板剤

横浜で研究会がありました。
抗凝固薬をどう考えるか?抗血小板剤をどう考えるか?いつまで?どんな種類を?何種類?そんな内容です。
前半は、中村正人先生の御講演、木村一雄先生の座長です。各試験データを重ね合わせて、各試験に対して非常に解りやすい形での御講演を頂きました。ありがとうございました。
後半は、私・吉町が座長で、日比先生、篠崎先生、下浜先生、田邊先生と神奈川でインターベンションを頑張っている先生達とのセッションです。実際のインターベンションを自分達で行い、外来を見て、困った事があれば呼ばれて、患者を夜中まで頑張る医師たちのリーダーとしてご活躍している先生方です。
自分達が勉強し経験したことをベースにして、患者一人一人を見ながら、きっとこれが最高の治療だと思うモノを提供している仲間たちの姿に私はとても嬉しく思いました!
私自身は、最近の風潮=ただガイドラインに照らし合わせて、人の言葉だけで治療方針を判断するのはどうかなぁと常に疑問に思っています。私は、既存のデータや世間の意見に自分の経験と患者を一所懸命に診た結果の臨床力(中村正人先生の言葉です)を加えたモノで判断し、一人一人が違う最高の医療を提供すべきだと思っています。
今日の研究会で仲間たちが、実際の表現や見方は違っても、最大の臨床力をベースにして、トコトン患者を診た上で、内容をよく考えての治療戦略で診療をおこなっているのを感じました。
まだまだ抗凝固薬と抗血小板剤の併用方法は結論は出るはずも無いのですが、しかし、患者さまをしっかり診ているのかどうかが問われる医療が求められているのは確かです。
今日の研究会は、稔りある研究会だったように思います。
ご出席、ご参加いただいた先生方、関係者の皆様方、有り難うございました!

2017年12月1日金曜日

第16回北鹿循環器カンファランス

 大学での外来終わって、新しいデバイス導入して、書類書いて提出して、治療にお付き合いして…あわてて移動!秋田県の大館に到着いたしました。
今日は、第16回北鹿循環器カンファランスに参加です。
秋田労災病院の熊谷先生の御講演のあと、私の動脈硬化に関する考え方や取り組みをお話させて頂きました。ありがとうございました!
今回も、けっこう無理な日程だったのですが、お仲間の熊谷先生のご指名とあらばNOはできません!一所懸命駆け付けました!

また、ここ大館は私が初めて月給をもらった街です。そして、私に医者とはなんたるかを教えていた恩師、元祖・厳しいアニキ先生、お仲間の先生たちと過ごし、「医者って良い仕事だなぁ!」と実感した思い出深い土地なのです。
また、それから十数年たって大館を訪問し、恩師と再会し、同僚の仲間たちが大切にする新しい仲間たちとご縁がありました。短い時間であっても良い時間を過ごした想い出の地です。
今回、ここで仕事が出来るのが嬉しくて、感動です。
一所懸命お話させて頂きました!有り難うございました!
お招き頂きました大本先生、佐々木先生、熊谷先生、多くの関係者の皆様方、ご参加いただいた皆様方、本当に有り難うございました!

2017年11月29日水曜日

明日の動脈硬化予防を考える会

 明日の動脈硬化予防を考える会が松本市で開催されました。
桑原教授に座長をして頂きました。
有り難うございます!
 私はいつものネタで申し訳ないのですが、予防をしっかりして、早く見つけて、早くなおそうね!というメッセージを出させて頂きました。
加藤先生から熱心なご質問を頂きまして、若い先生方が頑張っているエリアは素晴らしいなぁと実感いたしました。
ありがとうございました!

では、バタバタと移動で申し訳ございません。帰ります。
桑原先生はじめ熱心な若い先生方、ご参加された先生方、関係者の皆様方、ありがとうございました!

ICIC-B

ICIC-Bが開催されています。
外国からのお客様が8名いらしてのWORK SHOPです。

PCIやレクチャーが盛りだくさんです。
日常業務もこなしながらのWORK SHOPですので、若い先生達も大忙しです。申し訳ないです。
外国からのゲストの先生方は、かなりよく解っていらっしゃる先生方が多いので、血行厳しい質問も頂きます。

治療も全てうまく行きました。
皆様、お疲れさまでした。
最後の懇親会に参加できずに申しわけございませんでした。

2017年11月24日金曜日

SCJ @ ARIA 2017

福岡にてARIAが開催中です。
その中でSCJ @ ARIA 2017が開催されました。
聖マリア病院の貞松先生がこのセッションのディレクターです。
 第一部は貞松先生と田代先生のビデオライブでした。
細いカテーテルの良い所も悪い所も、限界や注意点も勉強になる、教育的なセッションでした。
第二部は症例検討会です。
若い先生の元気な発表、オジサン達のユニークな発表などで盛り上がりました!
ディスカッションも盛り上がりました。

最近、関東から九州に異動した仲間が、細いカテーテルを使用しているのを研究会でいじめられたとい症例がありました。
行われた手技は細くても太くても同じですし、しっかりと成功しているので、なぜ偉い人に文句を言われるのか私たちには解りません。。。むしろ、良い治療しているなぁとみんなで感心した次第です。こんな先生の為にもまだまだSlender PCIの理解を世間にしてもらわなければいけません!
多くのお客さんもいらして下さいました。感謝です!
プランニングして下さった貞松先生はじめ、ご発表、ご参加された九州の先生、コメディカルの皆様、関係者の皆様、有り難うございました。
お疲れさまでした!
ARIAはまだまだ続きます!

2017年11月20日月曜日

第5回糖・心関連conference in OKAYAMA

 第5回糖・心関連conference in OKAYAMAに参加いたしました。
岡山医療センターの循環器科の宗政先生と糖尿病代謝内科の肥田先生という同級生でやられている会です。同じ病棟で敷居の無い診療を続けているという事もあり、とても言い関係で協力し合ってやっているということでした。羨ましいです。
松下先生の「高齢者の糖尿病管理」の御講演に続いて、私も糖尿病のお話をさせて頂きました。
懇親会でも楽しくお話しさせて頂きました。
宗政先生はSCJ 2017にも御参加頂き、PPAPにも興味を持っているということです。早速明日から若い先生達と一緒にやってみるとの事でした。
宗政先生、肥田先生、松下先生はじめご参会頂いた先生方、みなさま、有り難うございました!