2019年1月13日日曜日

BOSOカンファレンス


韓国から移動してそのまま鴨川へ。
これがないと一年が始まらない行事のBOSOカンファレンスに参加いたしました。
遅刻したので後半からの参加です。
私も昨年の症例を皆様に見て頂きまして、「もしかすると」という可能性を教えてもらいました。
やはり、みんなに見てもらうことは良いことですね!
“勉強会”は深夜まで続きました。
松村先生、藤本先生、関係者のみなさまありがとうございました!

2019年1月12日土曜日

KSIC 2019

 韓国はソウルで開催さいれている、韓国インターベンション学会KSICにご招待いただきました。
私は「Current Status of Distal Radial Approach and the Beneficial Effect of Ultrasonographic Guided Puncture in Japan」というタイトルでお話をいたしました。
末梢の径も解剖も解らない場所なので、エコーで確実にみて穿刺した方がよいと自分では思っています。韓国の先生からも質問を頂きましたが、エコーなんて面倒くさいもの使うことを躊躇する理由もわかりますが、しかし、いつかはエコー穿刺はスタンダードになると思うのです。内頚静脈はエコーで刺すことが義務づけられています。動脈もよい穿刺アタッチメントができれば、誰でも一発で刺せるようになるはずです。
KSCIは非常に良くまとまっていて、しかもデータの集積もしっかりしているので、今までの治療の分析も、何か新しモノをやるときにもしっかり検討することができます。これは素晴らしい事だと思います。
今回の会は、昔からお世話になっているYoon先生が学会のPresident、Han先生が本会のChairmanです。我々もとても嬉しく思います!大盛会でおめでとうございます!
お声をかけて頂いた韓国の先生方、発表の時に応援に来てくれる日本の仲間たちにも感謝です。
みなさま、ありがとうございました。

2019年1月10日木曜日

高校生の見学

今日も午前はおひさまクリニックで外来です。お正月あけだったからか、結構な混み方でした。
午後からは協立病院で心カテ業務です。緊急合わせて5件でしたが、内藤先生の手際の良さにて5時過ぎには終了でした。
そんな中、青森市内の高校生たちの見学がありました。実際の治療を見学です。
「古い教科書的には大きな外科手術になる病変の治療なのだけれども、今は、細いカテーテルを使って30分で治療してしまうんだよ!」などと説明をしました。
治療が終わってから飯田先生が風船を触ってもらったり拡げさせたりしながら解説をしていました。
まだ、冬休みなのに最近の学生さんって熱心です。凄いですね。私たちが高校生の頃の冬休みなんて...恥ずかしくなってしまいます。(>_<)
皆様、お疲れさまでした。
昨日の雪がすっかりとけた青森でした。

2019年1月9日水曜日

京都の講演会

朝は八王子でカテ業務、午後からは事務仕事と執筆原稿の整理、メーカーさんとの応対をして、急いで新幹線に飛び乗り、京都まできました。
本日は、今年初の講演「合併症とその対策」のタイトルでお話をいたしました。
ベーシックな合併症のお話から、症例までいろいろ話しました。
本来は2時間コースのレクチャーなのですが、短縮版での発表でした。
中村先生お招きいただきましてありがとうございました。ご参加された先生方、お疲れさまでした。ありがとうございます。
では、今年も旅巡業も頑張ります!

2019年1月7日月曜日

今年初めてのCTO

今日は朝一番で今年初めてのCTO症例でした。Wizard 78が活躍してくれて、お陰様で幸先の良い2019年のスタートを切ることができましたので嬉しいです!
他は若い先生のお手伝いをするとか普通のカテ室の仕事に加え、今年初めてのカテカンファレンスや、今年初めての病棟総回診や...そんな一日でした。
なによりも、今日はメーカーさんの自主規制がはじまった2019年初めての薬剤勉強会です。メモ帳もボールペンも弁当も出ないという噂がありましたが....。(笑)また、メーカーさんのプレゼン内容もかなりアグレッシブで、外国の薬剤メーカーさんに代表される形式のようでした。2019年はこちらの規制が変わったのかと思うほどでした。「去年までと今年は色々変わる?」そんな予感がします!

2019年1月4日金曜日

御用始め

さて、今日から仕事です。
青森は猛吹雪で悪天候らしいですが、関東はとても良い天気です。朝は放射冷却で冷えますが、通常の防寒で問題ない程度です。
年末年始のお休みは、緊急カテーテルが少なく落ち着いていました。
御用始めの今日は、待機的な検査・治療は予定しておりませんでした…が、緊急検査・治療が突然沢山はいりました。しかも、かなり厳しい症例もあり、若い先生の手技を私が代わってしまうほどでした。その他の緊急入院も沢山ありまして、気がつけばICUも多くのベッドを循環器内科で埋めています。
年始より、遅い時間まで皆様お疲れさまでした!今年も頑張りましょう!

2019年1月1日火曜日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

みんなで頑張っていきましょう!