2020年7月4日土曜日

CVIT 2020 Online Late Breaking seminar

 CVIT 2020 Online Late Breaking seminarが開催されました。
今年はCOVID-19の影響で開催されないCVIT総会ですが、Late Breakingだけは今年でなければ意味が無いとして、WEBでの開催になりました。
朝一番ではシステムのエラーなど色々有りましたが、どうにかリカバーしていました。
16演題の内容は非常に濃いものでありました。最初から最後まで勉強させて頂きました。1200人以上の方が視聴したとの事です。すごいです。実際に会場でこのセッションをやってもそれほどの人数が見ることが無いと思います。
私も、コメンテーターとチャット係として参加しました。
チャット係は、チャット欄を皆様に飽きないように埋める係なのです。サクラのようなものかもしれません。すみません。義務感に追われて色々入れていましたので、ウルサイと思われた方もいらっしゃるかもしれません。すみません。仕事なのです、あれも。
片平先生、CVIT 2020も、CVIT 2021も会長のお仕事ですね。大変とは存じますが、頑張ってください。何でもお手伝いいたします。
ライブ中継された伊苅先生はじめ多くの先生方、ご視聴された日本中のCVIT会員の皆様方、CVIT本部の皆様方、長い一日お疲れさまでした!


2020年6月26日金曜日

もうすぐ本が出ます!(英語)


こちらは英語の本です!
タイトルが「Slender PCI」ですよ!すごいでしょ!
齋藤先生はじめ我々が低侵襲治療を世界に知らしめるために執筆した内容と、キムニー先生、イボ先生、ナザン先生、ママス先生とSlender Club Japanへの常連参加の海外の先生方が自らの低侵襲治療の内容を御紹介している内容です。
dRAの事もTRIの事も、細いカテーテルことも様々書いています。
Slender Club Japan Live & Annual Meeting 2020は延期になっていますが、その海外の先生方とのセッションの穴を埋めても余るだけの内容だと自負いたします。春のライブに行ったつもりで読んで欲しいです!(11月にはSCJ Live 2020 in Kobeあります!海外のゲストの参加はまだなんとも言えませんが...しかし、書籍に負けないインターナショナルな内容にすると高橋先生は気合いが入っております。秋のライブも宜しくお願いいたします!)

英語の本というのは、我々の念願でもあります。我々は、日本中・世界中あちこちにゲリラ的にSlender PCIというネーミングをばらまき、そのうち学術にもslenderという言葉が許されるようになって(過去にはslenderはセクハラ用語ではないかと言われたことがありますが、最近は言われなくなりました)、PubMedでもSlender PCIと引けるようになりました。しかし、「まとまった本がないとダメですよ」と、海外在住の日本人の偉い先生に言われたことがあり、いつかは英語の本を出版したいと思っていました。

これも構想から長い時間かけて、やっと出版。こちらもギリギリまで校正をいれていましいた。(実際に先週まで校正していました)。
やっと発売!嬉しいです!
amazonでも買えますし、springerの直販でも買えます。直販の方が早く手に入りそうです
ペーパーレス時代ですので、springerからはpdfでも購入できます。SCJの会員の方にはちょいと特典がありますので、pdf版を御希望の会員の方はポチッを急がないでください。御希望のSCJ会員は私にご連絡をください。
みなさま、宜しくお願いいたします!

もうすぐ本が出ます!(日本語)

「遠位橈骨動脈アプローチ:dRA 2020」がもうすぐ出版されます。
みんなで一所懸命書いた本です。話題の遠位橈骨動脈アプローチの最新情報が詰まっています。
低侵襲治療の最先端を走る先生方の貴重なレポート、詳しい解剖、エコーガイドなど他ではなかなか見られない内容です。さらに、日本中の各施設の様々な現状もレポートしています。
これを見ずにして、dRAを語ってはいけないという程の本です。
我々のTRI→Slender→dRAの歴史もちょいと書いていますので、ここはお楽しみパートとして読んで下さい。(笑)radialistとして闘ったオジサンたちにも喜んで頂けるはず!
Slender Club Japan Live & Annual Meeting 2020が延期になっていますが、その穴を埋めても余るほどの内容であると思います。(11月にはSCJ Live in 神戸あります。書籍に負けない内容にするとコースディレクターの高橋先生はじめ皆様が気合いが入っておりますので、そちらも宜しくお願いいたします!)
私はコロナ騒ぎで東京の部屋に閉じこもって、印刷ギリギリまで校正を入れたり索引を作ったりしていました。ちょいと頑張ったのです。とうとう出版で嬉しいなぁ!
Amazonでも買えます。予約もできます。
みなさま、宜しくお願いいたします。

2020年6月9日火曜日

WEB講演会「こんな時代だから低侵襲インターベンション治療」

WEB講演会「こんな時代だから低侵襲インターベンション治療」をやらせて頂きました。
COVIT-19感染症で世界が混沌としています。もちろん、私達も巻き込まれ、誰もが辛い思いをしています。しかし、そんな中でも、学生の頃に勉強したような基本をもう一度思いだして反芻することが実は一番重要だったりします。恐怖と不安というフィルターにゆがめられた情報を声高に叫ぶ自称専門家に惑わされずに、日常正しいと思ってやってきたことをしっかりたどることが、おそらく良い医療を提供できるのだと思います。PCIも同じです。病態と何をするデバイスなのかを考える事で良い結果が生まれると思います。
そんな内容のお話しをさせて頂きました。いかがでしたでしょうか?
こんな時代=ころな時代とか、某マンガのパロディとか、小ネタ満載だったのですが...誰か気がついてくれたかなぁ....。
終わってから沢山のメールやメッセージを頂いたのですが、そのほとんどが「司会のアナウンサーの方、美人ですね!」でした。(笑)
WEBでの講演会やミーティングが増えてきています。カメラを見ながら何かをするのはどうも苦手ですが、そんなこと言ってられない時代になりました。頑張ります。
ご視聴いただいた皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!

2020年5月30日土曜日

WEB video Live Demonstration from Iwaki

いわきの山本先生の主催にて、SCJとしてのWEBでのビデオライブを行いました。
急遽企画を決定し、開催予告から数日という展開でしたのでご予定のつかなかった先生方にはご迷惑をおかけいたしました。申しわけございません。

齋藤先生のDiamond Backに関するミニレクチャーです。ありがとうございます。


症例は末梢血管も冠動脈も合わせて沢山の治療を供覧する事ができました。
各々の端末の回線スピードによると思いますが、私自身はかなり良い感じでみる事ができました。

顔を出し声出しの参加者も、顔無し声無しの参加者も自由です。
今度はコメンテーターなどしっかりと係りを決めてやるともっと上手くできるかな?と思います。
企画運営、症例選択から画像・映像管理や処理まで頑張って下さった山本先生、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

このくらいの画質クオリティがあれば、沢山の企画を立てられるのではないかとSCJ事務局としてニヤニヤしております。

2020年5月26日火曜日

非常事態宣言解除

非常事態宣言が解除とニュースされています。
たしかに日々の診療でも、感染者は少なくなった印象です。良かったです。...本当に安心できるレベルなのかどうかは私にはわかりませんけれども。
ここ数ヶ月、コロナ感染にばかり力を費やし、緊急以外の通常の治療が止まっています。まずはこれを早く回復させなければいけません。
また、医療現場はまだまだ物資が十分ではありません。いつ、どのような形で補給されるのかも解っていません。
しかし、普段にはない良い事も少しだけありました。
コロナ対策を通じて様々な業種や他科医師どうしのコミュニケーションが増したように思います(密に話をしているのではないです!)。また、病院各部署の考え方、やり方もよく解ったように思えます。さらに、基本的な事を見直すよい機会でもありました。日常の手洗い一つにしてもちゃんとしないといけないと再認識いたしました。
ヒト→ヒトだけではなく、ヒト→もの→ヒトという感染をすることや、通常の肺炎だけではなく免疫不全や血栓症という複雑な病態を示すCOVIT-19感染。肺炎という固定概念に惑わされず、画像を含む全てのデータを様々な観点から見なければ本質にたどり着けない事も解りました。完全に未知のウイルスということもあり、熱心な仲間たちに刺激され、英文論文も随分読み、勉強しました。

日々の外来、入院、救急という治療、学会・研究会やWORK SHOP・Live Demonstration、外勤....そして仲間たちとの懇親会という、今まで我々の日常であったことを早く取り戻したいです。
しかし、COVIT-19=新型コロナウイルスは消え去ったわけでは無いのです。第二波・第三波どころか連続波にならないよう、まだまだ注意が必要だと思います。