2019年5月21日火曜日

本の校正

本の校正をやっていました。
みんなで共同執筆しているSlender Pacing Deviceの本です。
これがなかなか大変!
本一冊の編著というのははじめてなので、こんなに大変なモノとは思わなかったというのが本音です。
共同執筆の自分のパートだけの校正は、まぁ、自分の書いたことを本の規格に合っているのかどうかを確かめる程度で済むのですが、編著というのは、みんなの書いたモノをまとめる作業があるんですね。
みなさま、自分のお作法で書くのです。一つ一つはとても素晴らしい内容ですが、やはり自分の言葉で書きますので、他の人とは企画が違うのです。それらをある程度まとめる仕事が全体の校正なのです。
こんなに時間と手間がかかるものだとは思いませんでしたが、やっと今日オシマイ!
ここから印刷にかけて、はたしてSCJ Live 2019までに納品できるのかどうか、心配です。出版社の方々は大丈夫とおっしゃってます。どこの業界でもギリギリの作業で間に合わせるのがプロフェッショナルなのかも?(笑)
うまく、ライブ会場に届いた場合には、全部で300名の医師・コメディカル参加者に謹呈予定です。3日間、毎日100冊・先着100名の合計300名です。3日通っても一人1冊だけにしてください!
今回のSCJは参加費が少々高めですが、それでも他のライブよりはお安いはずです。
しかも、この本が謹呈されますので(定価3,600円 税抜き)かなり、お得感があると思います!

2019年5月17日金曜日

宇和島市民病院訪問

宇和島市民病院を訪問させて頂きました。
2nd attemptのCTOです。feeder arteryにも狭窄あり、そこを治してからtargetへ。
アンテでは閉塞部位が硬すぎていい所に全然入れません。レトロのチャンネルは良い感じで捉えられ、SUOH 03はぐるりと回ったのです。しかし、閉塞部位がレトロからも硬すぎ!ワイヤー変えてもfalseも作れない?…ちょいと苦労をしましたが、いろいろ頑張ってどうにかなりました。
終了後に大島先生、渡辺先生から手技について質問されました。このお二人、細かい所を見ています。私のクセのようなものまで観察されていました。ここまで聞かれたのはなかなか無いかもしれません。まぁ、隠し事なく何でも教えますが、ちょいと恥ずかしい感じもします。
終わった後に、別室の患者さまからお声がかかり「ありがとう」と言われました。嬉しかったです!良い時間を過ごさせて頂きました!
大木元先生、大島先生はじめ多くの先生方、スタッフの皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!

こちらの病院では、循環器医師が交代で、医師だけでは無く病院関係者全員(事務の方でも清掃の方でも参加できます!)に向けての心電図の勉強会を毎日しているのだそうです。循環器を目指す研修医だけではなく、そうでない研修医も自主的に全員心電図検定の2級を受けるのは当たり前だとか!凄いです。大木元先生のご指導が熱く、研修医先生達も幸せですね!

2019年5月13日月曜日

FFR/iFR WORK SHOP

5月13日は、FFR/iFR WORK SHOPを開催いたしました。
東京医大八王子医療センターの田中先生にご指導頂きながらの治療です。
tandem lesionやdiffuse lesionなどをFFR/iFRとimagingを合わせて治療を行いました。なかなか興味深い症例ばかりだったと思います。
術者は、山本先生、長松先生、唐澤先生と若い先生方に頑張ってもらいました。
WORK SHOPが始まる前に緊急症例が入ったので、開始時間と終わる時間が少し時間が遅くなってしまいました。申しわけございませんでした。

田中先生のレクチャーでも、最新の事を沢山教えてもらいました。
ありがとうございました!

御多忙の所ご指導くださいました田中先生、WORK SHOPに参加頂いたお近くの先生方、技師さん、当院の若い先生達とスタッフの皆様、関係者の皆様、お疲れさまでした!
ありがとうございました。

2019年5月11日土曜日

CVIT関東甲信越地方会

 5月11日はCVIT関東甲信越地方会でした。


山本先生の、SUOH03の使い方の発表。
河村先生の、Diamond Backの発表。

皆様、お疲れさまでした。

今回はスポンサー付の教育セッションがやたらと多く、演題発表の時間がとても遅い時間に設定されているのがちょいと困りました。

夕方は別な研究会があり、そちらでもしっかり勉強してきました。

2019年5月10日金曜日

コンペティション

5月10日、若い先生方向けの症例ベースのコンペティションがありました。
河村先生がプレゼンテーションをいたしました。
内用は、みんながビックリしてくれるモノだったのですが...残念ながらWinnerにはなれませんでした。悔しいなぁ...。かなり良い症例だったと思うのですが。

2019年5月9日木曜日

令和のご指導

令和に入って最初の協立病院でした。
治療も沢山しましたが、何よりも、若い先生への内藤先生のご指導モードが素晴らしかったです。
教えるようになると、自分の考えをまとめて伝えなければ行けないので、なんとなく解っている程度だと上手くできません。
解剖やエコーなどしっかりと教える内藤先生、素晴らしかったです!
お疲れさまでした!

2019年4月30日火曜日

今日も一日、普通の日。でも、平成は終わりです。

今日も一日、普通の仕事をした一日でした。
カルテチェックし、ICU回り、書類を書いて、カテデータの整理をして...カテーテル検査もあり、治療もありでした。
今日も若い先生方が細心の注意を払いながら立派にカテーテル検査や治療ができるので安心です。今日もマイクで指導して口は出しますが、なるべく手は出さないといういつもの方針でやりました。

ほとんどのメーカーさんがお休みらしいのですが、今日、マメに新しいデバイスの件で相談に来て下さった方々がいらっしゃいました。有り難いです!一所懸命やります!

外来は少しすいていたようです。

書かなければいけない依頼原稿が山のようにあります。少し手を着けたら逃げたくなります。しかし、今日一つだけ何となく書いてみました。もちろん、何度も手直しが必要なレベルです。この作業は電車とバスの中でiPhoneでテキストを打ちまくります。通勤時間を頑張って使っています。
原稿の英文校正もしてみました。英語は難しなぁと実感して、また逃げたくなります。でも、どうにか一つ終わらせました。

「平成最後の...!」と、皆様おっしゃいますが、特別感もなく普通の一日でした。雨の降る関東です。少し肌寒いです。
普通の一日の積み重ねの、平成が終わりです。しかし大事に毎日を積み重ねる事は大切だと思っています。
明日は「令和の始まりの日」ですが、たぶん普通の一日だと思います。
平成・令和は無関係ですが、ゴールデンウイークなので通勤電車やバスがすいているのが嬉しいです。明日も原稿書きも頑張れそうです!